ザ・フー新譜「WHO」レビュー①

新譜発売から自宅に届いたのが12月10日で最初に聞いたのが14日でした。購入したのは日本版CDです。前作エンドレスワイアーから13年ぶりの新譜ということで、新譜を聞くのはIt's hardから3枚目となります。正直なところ今回は発売されるかどうかも含めて、全く期待していませんでした。さすがにロジャー、ピート二人とも75歳で、この年齢のミュージシャンに期待をしすぎるのは気の毒ですので。発売を予約することもなく、発売日が来たので、さすがに聞かないわけにはいかないのであわてて注文したような流れでした。

アマゾンのレビューを見ると好意的なものが多く、結構いいのかもと期待を持ちましたが、熱狂的なファンが応援を込めてのものではないかと、駄作の不安は消えることはありませんでした。

1回目聞いてみて、ロジャー曰く「クォドロフェニア以来の傑作」との触れ込みでしたので、その通り声は良くでているのは間違いないと感じました。この発言の意味は勝手な推測ですが、クォドロフェニアと同様のアルバムの出来というよりは、その頃と同じくらい上手に歌うことができたという意味は自分ではとらえています。ロジャーの声が出ているかどうか、アルバムごどにかなり差があるので、前作のシングルを聞いたときに感じた声のがっかり感は今回は感じなくてすんだのに一安心したのが、1回目の大きな感想でした。

そして今日、2回目を聞いてみました。積極的に聞きたかったというより、別に聞きたいCDがあったので、ついでという感じで、最初の印象が思ったよりも良かったので、確かめる程度の気分でした。

2回目で思いもよらず、曲によっては体を動かしたりしている自分に気づき、まだ曲名も知らないし、歌詞カードも目を通していない段階で、これはこれまでのフーのアルバムを聞いた中では起きなかったことです。どの曲がというよりは何曲も同じような状態になってしまいました。

色々と原因を考えて見ましたが、結論としては曲というよりはサウンドのせいだということになりました。今回、CDを聞くにあたってのステレオはオンキョーの安物のミニコンポです。それにヤマハの重低音スピーカーを組み合わせています。高級なステレオにはかないませんが、重低音の迫力だけはそれなりのものがあります。1軒家でないと近所迷惑な音が出ます。

今回のサウンドはこれまでと違い迫力があるだけでなく、バランスがとれていて、しっかりドラムの重低音が録音されていました。

考えてみれば、ある意味、禁句かもしれませんが、フーの一番弱いところは、やはレコーディングだったと思います。ライブでは申し分ないのに、その迫力がレコードに表れていないとこれまでも言われ続けてきました。しかもロジャーの声のコンディションは毎回違うし、サウンドクォリティがその都度違いすぎる。60年代は録音技術はのせいで仕方がないと思いますが、70年代以降は統一感がなさすぎでした。統一感という意味ではまだ60年代の方がまだ、ましかもしれません。仮にアルバムによっては曲はたいしたことがなくても、安心のツェッペリンサウンドU2サウンドピンクフロイドサウンド、ポリスサウンドストーンズサウンドがフーには残念ながら無いのです。

しかしながら今回のアルバムはサウンドクォリティが高く音がひきしまっていて、更にロジャーの声が冴えていて、これまでとは大分違う印象です。何が一番違うかというと、どうもドラムの低音がしっかり録音されていることにつきるような気がしました。

そこで過去のアルバムを同じステレオで聴いてみたところ、確かにドラムの音が紙か木を叩いているような感じがして、そのためサウンドとしての迫力が他のバンドと比べると少ないように感じます。特にこのようなステレオで聴くと良く分かります。あのフーズネクストでさえ、超名盤で人類の遺産であることに異議はありませんが、デラックスエディションで聞いてもドラムの低音はほとんど感じません。そこで70年代以降の曲も他も聞いてみましたが、その傾向はどれも、変わらず。直近のエンドレスワイアーもその前のシングル、 リアル・グッド・ルッキング・ボーイ、オールド・レッド・ワインも全く一緒でした。これがフーの伝統の音作りなのかもしれませんが、ラジカセやラジオなら問題ないのかもしれませんが、ステレオだと少し寂しい音と言えるのかもしれません。唯一のドラムの存在感を感じたのがユーベターユーベットでビル・シムジクの失敗プロデュースといわれるあの作品だったのは意外でした。

まだ1曲ごとのレビューはできませんが、少なくとも今回の作品は素晴らしいサウンドクォリティで音が引き締まっています。これまでのファンがどう反応するかどうか分かりませんが、何故このような音に仕上がったのか興味のあるところですが、ロックの達人は年を重ねても水を得た魚のような状態になると、どれだけの力を発揮するのか見せてくれたような気がします。まだ未聴の方は騙されたつもりで是非チャレンジしてみてください。

 

2019 NORTH AMERICAN TOUR ファーストレグ終了

Philadelphia, PA, Citizens Bank Park Detroit, MI, Little Caesars Arena Pittsburgh, PA, PPG Paints Arenaの3公演が終了。次は7月6日のWEMBLEY STADIUM。

3公演についてはSバンドパートのJoin TogetherとWon't Get Fooled Againの間の2曲はすすべてSubstituteI ,Can See For Milesの組み合わせでした。

 

https://www.thewho.com/backstage-blog/moving-on-tour-philadelphia-pa-may-25-2019/

 

https://www.thewho.com/backstage-blog/moving-on-tour-detroit-mi-may-28-2019/

 

 

2019 NORTH AMERICAN TOUR 8公演終了

6月1日のトロント公演がNBAのプレイオフの影響で9月3日に延期。更に10月24日に Hollywood Bowlが追加されました。これが現在のところ最終公演ですが、評判次第ではまだまだ追加されるものと思われます。MSGはほぼ完売だったとはいえ1回限りでLAで3回公演とは予想外だったのではないでしょうか。この後ラスベガスベースも含めた展開はありうるかもしれません。

直近3回のセットリストはほぼ固定されてきた感じで、バンドパートのJoin TogetherとWon't Get Fooled Againの間の2曲がSubstitute、You Better You Bet、The Seekerのうち2曲が演奏されました。Chicagoは Amphitheatre(野外)で大分寒かったようです。

 

Sat, 18 May 2019:
Noblesville, IN, Ruoff Home Mortgage Music Center

Overture
It's A Boy
1921
Amazing Journey
Sparks

Pinball Wizard
We're Not Gonna Take It
Who Are You
Eminence Front
Imagine A Man
Join Together

Substitute
You Better You Bet
Won't Get Fooled Again [Acoustic]
Behind Blue Eyes
Tea And Theatre
The Real Me
I'm One
The Punk And The Godfather
5.15
Drowned
The Rock
Love Reign O'er Me
Baba O'Riley

 

Tue, 21 May 2019:
Chicago, IL, Hollywood Casino Amphitheatre

Overture
It's A Boy
1921
Amazing Journey
Sparks

Pinball Wizard
We're Not Gonna Take It
Who Are You
Eminence Front
Imagine A Man
Join Together
The Kids Are Alright

The Seeker
Won't Get Fooled Again [Acoustic]
Behind Blue Eyes
Tea And Theatre
The Real Me
I'm One
The Punk And The Godfather
5.15
Drowned
The Rock
Love Reign O'er Me (Love)
Baba O'Riley

 

Thu, 23 May 2019:
St. Louis, MO, Hollywood Casino Amphitheatre

Overture
It's A Boy
1921
Amazing Journey
Sparks

Pinball Wizard
We're Not Gonna Take It
Who Are You
Eminence Front
Imagine A Man
Join Together

Substitute
The Seeker
Won't Get Fooled Again [Acoustic]
Behind Blue Eyes
Tea And Theatre
The Real Me
I'm One
The Punk And The Godfather
5.15
Drowned
The Rock
Love Reign O'er Me
Baba O'Riley

2019 NORTH AMERICAN TOUR 5公演終了

WEMBLEY STADIUMを入れて30公演のうち、5公演が終了。トミーは最初は8曲だたのが2公演目からThe Acid Queenを外した7曲体制に定着しつつあるようだ。この曲は女性ボーカルのゲストを呼ぶと盛り上がりそうな気がします。

四重人格は最初は7曲だったのが2公演目から逆にThe Real Meを追加した8曲になっている。ロジャーの喉への負担を最初だけ考慮したのかもしれない。

合間のパートがWho Are You、Eminence Front、Imagine A Man、Join Together(すべてオーケストラ参加)とオーケストラが抜けた後、Won't Get Fooled Again [Acoustic]、Behind Blue Eyes、Tea And Theatreとの間に最初だけThe Kids Are Alrightの1曲だけ、後の4公演は日替わり構成となっており、Substituteに1曲プラス(The Kids Are Alright、The Seeker、I Can See For Miles、 You Better You Bet)と分かりやすいセットリストとなっている。my generationを今後、演奏するかどうかも気になるところ。Behind Blue Eyesにもストリングスが入っていてAcoustic2曲あるため、純粋にバンド演奏といえるのはSubstituteに1曲プラスの2曲(初日は1曲)のみになるようです。

全般的にオーケストラ導入の批判も、Won't Get Fooled Again [Acoustic]へ不満も思ったより少ない印象です。トミーよりも四重人格の方がライブ後半にあるせいか評判いいようですね。

10月23日で終了とあっという間に終わってしまうツアーですが、2008年11月19日武道館(現時点での日本最終公演)以来のフーのライブを見たくなってきました。延長して、クイーンの盛り上がりがブリティッシュロック全般まで拡大すれば期待できるかもしれませんが、今のところ全く兆候が無いので、難しいかもしれませんが、是非来日してもらいたいものです。

 

Sat, 11 May 2019:
Bristow, VA, Jiffy Lube Live

Overture
It's A Boy
1921
Amazing Journey
Sparks

Pinball Wizard
We're Not Gonna Take It
Who Are You
Eminence Front
Imagine A Man
Join Together

Substitute
The Seeker
Won't Get Fooled Again [Acoustic]
Behind Blue Eyes
Tea And Theatre
The Real Me
I'm One
The Punk And The Godfather
5.15
Drowned
The Rock
Love Reign O'er Me
Baba O'Riley

 

Mon, 13 May 2019:
New York, NY, Madison Square Garden

Overture
It's A Boy
1921
Amazing Journey
Sparks

Pinball Wizard
We're Not Gonna Take It
Who Are You
Eminence Front
Imagine A Man
Join Together

Substitute
I Can See For Miles
Won't Get Fooled Again [Acoustic]
Behind Blue Eyes
Tea And Theatre
The Real Me
I'm One
The Punk And The Godfather
5.15
Drowned
The Rock
Love Reign O'er Me
Baba O'Riley

Thu, 16 May 2019:
Nashville, TN, Bridgestone Arena

Overture
It's A Boy
1921
Amazing Journey
Sparks

Pinball Wizard
We're Not Gonna Take It
Who Are You
Eminence Front
Imagine A Man
Join Together

Substitute
You Better You Bet
Won't Get Fooled Again [Acoustic]
Behind Blue Eyes
Tea And Theatre
The Real Me
I'm One
The Punk And The Godfather
5.15
Drowned
The Rock
Love Reign O'er Me
Baba O'Riley

 

May 9 KeyBank Center, Buffalo, NY.

初日公演と比較するとThe Acid Queenが外れ、SubstituteとThe Real Meの2曲が新たに加わり、24曲でした。オーケストラが加わっているパートも見直しするとは思いませんでした。

https://www.youtube.com/results?search_query=the+who+KeyBank+Center&sp=EgIIAw%253D%253D

 

Overture
It's A Boy
1921
Amazing Journey
Sparks

Pinball Wizard
We're Not Gonna Take It
Who Are You
Eminence Front
Imagine A Man
Join Together
The Kids Are Alright
Substitute
Won't Get Fooled Again [Acoustic]
Behind Blue Eyes [Acoustic]
Tea And Theatre
The Real Me
I'm One
The Punk And The Godfather
5.15
Drowned
The Rock
Love Reign O'er Me
Baba O'Riley

The Who, Grand Rapids, Mich., May 7, 2019 Set List

初日、Grand Rapidsのセットリスト、オーケストラの大胆な導入22曲中18曲、トミー以前の演奏曲は1曲のみThe Kids Are Alright。トミーから8曲、クォドロフェニアから6曲でこの二つのアルバムのオーケストラプラスバンドのライブといってもいいかもしれません。指揮者がステージにいるためロックのライブとしては、違和感も感じます。1989年の大構成となったライブを超えるほどのチャレンジで、観客の評価も気になるところです。いわゆるグレイストヒットツアーでないことは間違いありません。

バイナンバーズからのレアなImagine a Manの選曲もサプライズで意外とライブ栄えするTea And Theatreが復活するとは予想外でした。Won’t Get Fooled Againのacousticは微妙なところ。何回もライブも見ているファンにはアピールするかもしれないが、私も始めてロンドンで97年にライブを見たときにacousticだったときは、物足りなさを感じました。この曲を聴きたくて会場にくるファンも多いはずなので、これはやはりアンコールでバンドだけで締めたほうが盛り上がりはあるはずです。これから行われるだろうセットリストの修正で実現したら嬉しいですね。

https://www.youtube.com/results?search_query=the+who+gran+rapids&sp=EgIIAw%253D%253D

The Who, Grand Rapids, Mich., May 7, 2019 Set List
1. “Overture”
2. “It’s A Boy”
3. “1921”
4. “Amazing Journey”
5. “Sparks”
6. “The Acid Queen
7. “Pinball Wizard”
8. “We’re Not Gonna Take It”
9. “Who Are You”
10. “Imagine a Man”
11. “Eminence Front”
12. “Join Together”
13. “The Kids Are Alright” (The Who only)
14. “Won’t Get Fooled Again” (The Who only, acoustic)
15. “Behind Blue Eyes” (The Who only)
16. “Tea And Theatre” (The Who only)
17. “I’m One”
18. “The Punk Meets the Godfather”
19. “5.15”
20. “The Rock”
21. “Love Reign O’er Me”
22. “Baba O’Riley”

2019 NORTH AMERICAN TOUR DATES

この先ライブをするにしてもラスベガスベースかと思いきや、オーケストラを大胆に導入したNORTH AMERICAN TOUR発表、そろそろ初日が始まる時間になる。しかも13年ぶりのニューアルバムも製作を開始し、発売は年後半になる模様。もしかしてツアーが終わってから発表か?7月にはロンドンWEMBLEY STADIUMでライブ。ピートも11月に小説発表とこの編成だと日本公演の可能性は低いかもしれませんが、ファンにとっては目の離せない年になりそうです。

May 7 Van Andel Arena , Grand Rapids, MI. 

May 9 KeyBank Center, Buffalo, NY. 

May 11 Jiffy Lube Live, Bristow, VA. 

May 13 Madison Square Garden, New York, NY. n

May 16 Bridgestone Arena, Nashville, TN. 

May 18 Ruoff Home Mortage Music Center, Noblesville, IN.

May 21 Hollywood Casino Amphitheatre, Chicago, IL.

May 23 Hollywood Casino Amphitheatre St. Louis, Maryland Heights, MO.

May 25 Citizens Bank Park, Philadelphia, PA.

May 28 Little Caesars Arena, Detroit, MI.

May 30 PPG Paints Arena, Pittsburgh, PA.

June 1 Scotiabank Arena, Toronto, ON.

6 JUL LONDON,WEMBLEY STADIUM


FALL DATES
Sept 6 Xcel Energy Center, St. Paul, MN

Sept 8 Alpine Valley Music Theatre, Alpine Valley, WI

Sept 10 Blossom Music Center, Cuyahoga Falls, OH

Sept 13 Fenway Park, Boston, MA

Sept 15 Northwell Health at Jones Beach Theater, Wantagh, NY

Sept 18 State Farm Arena, Atlanta, GA

Sept 20 BB&T Center, Ft. Lauderdale, FL

Sept 22 Amalie Arena, Tampa, FL

Sept 25 Toyota Center, Houston, TX

Sept 27 American Airlines Center, Dallas, TX

Sept 29 Pepsi Center, Denver, CO

Oct 11 Hollywood Bowl, Los Angeles, CA

Oct 13 Hollywood Bowl, Los Angeles, CA

Oct 16 Viejas Arena at Aztec Bowl San Diego State University, San Diego, CA

Oct 19 T-Mobile Park / Home of the Seattle Mariners, Seattle, WA

Oct 21 Pepsi Live at Rogers Arena, Vancouver, BC

Oct 23 Rogers Place, Edmonton, AB